「両親のアルバム」作り

今できることをしよう!

この間、久しぶりに実家に電話をかけてみると、

なんと父が熱を出しているということ。

風邪もひかないような元気な人なので、母も少しびっくりしていたようです。

でもこの時期の熱は心配。しかも高齢なので。

まずは数日様子を見てもらうことにしました。

それ以来、度々電話をかけるようにしていますが、

最悪のケースで「もしコロナだったら?」と考えると、

私に何ができるのだろうか?と色々と考えてしまいました。

(幸い、今では電話の声には明るさが戻っているので、もうしばらくの間は様子を見てもらうことには変わりませんが、娘としては少し安堵しているところではあります。)

 

私にできること

その日は電話を切った後に、両親の写真を箱から取り出して、

夜中までスクラップブックの「ミニ・アルバム」の作成をしました。

もちろん、数時間で仕上がるものではないのですが…

頭の中で色々と考えていても、仕方がないので。

今の私に何かできること。

 

3E4C5BE9-B14E-42E8-9E2C-845F80845A19

それは、

今まで、「作るよ」「作るよ」と言いながら、

取りかかっていなかったアルバム…

 

一番大切なことを後回しにしていたことに、今更気がつきました。

 

「家族」を一番大切にしないといけない!

どんな時でも!

 

7ABD5BA0-9F64-4F11-A347-E69DF0260201

そんな父のこともあり、母と長々と電話で話したときに、

「お母さんに育ててもらって、良かったよ」

「ありがとう」とさりげなく伝えることができました。

 

昭和の時代の子育てなので、愛情の伝え方がとても不器用で、

とても過干渉な親だったので、私は何度も嫌ったこともあるけれど、

きっと「愛してくれていたから」「大切に思っていてくれたから」

それは彼女なりの精いっぱいの愛情だったのかもしれない。

 

B6F5FFBB-400D-43E2-8A42-8D3AFBEBD9EF

そして、父とも最近では電話でもよく話すようになりました。

以前は、気を使ってからか、

私が電話をすると「お母さんに変わろうか?」と、

電話を取り継いでくれることのほうが多かったのですが、

今では、父と長電話をしたり。

コロナを通して、

今まで隠れていた愛情というものを

素直に表せるようになったことは間違いありません。

 

もう、待っている、待たせている時間はないのかもしれない。

「後回し」「後回し」…

今できることを、私も一生懸命にやろう!

 

今回のコロナ騒動は、

もう永遠神話を夢見ている年齢ではないということに

気づかされ、後押しをしてもらえたような気がします。

 

今、自分にできること。

私がしなければならないこと。

そして、「家族」という根っこの部分の本当に大切なこと。

稲妻に直撃されたかのように、頭がクリヤになりました。

 

久しぶりに「元気?」と電話をかけてみませんか?

大切な人に、「ありがとう」を伝える

実はこんな「小さな(愛情)気持ち」がとても大切で、

このような時、お互いの心にとても心に響くのかもしれません。

【ポール】


お願い♬

ご覧になって「ヒントになった!」「楽しかった!」という方、

見たよ~!の印にリースをポチッとワンクリックのご協力お願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへ
いつも応援ありがとうございます!

『お問い合わせ』

クラスに関する質問がありましたら、こちらからお問い合わせください。日にち、場所、クラスの金額等… なんでもお気軽にどうぞ。

コンサルタントに興味のある方もお気軽にお声かけください!


ctmh-logo-nobox-clove-ic

♥︎ All Rights Reserved© ブログ内の全ての記事、写真について、複製、コピー、転写、または無許可での使用を固く禁じさせていただきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。