アメリカ人の友達 (その1)

広い世界

今日、アメリカの友達と最後のコーヒー。今週、彼女はアメリカに帰ります。

寂しいけど、「これが最後じゃないよね!」とハグを交して別れました。

最後に、彼女から「あなたが「インテリアデザイン講座」をマスターするのを楽しみにしている」と言われました。

彼女は建築家。

彼女は旅行が大好きで、日本の建築やアート、美術館などによく出向いていました。

そして日本人の私に色々と詳しく説明してくれます。私も一応、美術系あがりなもので話がよく合いました。

それにしても、いつも思うのですが、日本の素晴らしさをアメリカ人から教えられるなんて、おかしなものですね。

 

彼女から託された「夢をかなえるもの」

『インテリアデザイナー』

話の発端は、私がよく「生まれ変わったら、インテリアデザイナーになりたい」と話していたこと。

インテリアって面白いと思いませんか?

こんな家具があったら、お部屋が素敵になるだろうなぁとか。

IKEAとかにいくと、あぁ、お部屋の中身をすべて取り替えられないかしら?と思ってしまいます。

だって、ひとつ家具を取り替えるだけでは、コーディネイトはうまくいかないから。

 

きっと、自分のお家が大好き!

アメリカのテレビを見ると、どんな家族でも素敵な家に住んでいます。本当なの?

実際に、アメリカの人はインテリアの組み合わせや、空間の撮り方はとっても上手です。

私は横須賀のベースに住んでいますが、ちょっとした用事で近所の人を尋ねると、玄関先で済ませられることでも、「Come in」と家の中にお呼ばれします。

また、お宅に遊びに行くと、夫婦のベッドルームまで、家の全ての部屋を案内してくれます。

日本ではあまりしない習慣ですね?

 

そういうわけで、私があこがれを語ると、アメリカ人の友人は「やってみればいいじゃない?」というのです。

「50歳になった私が、今更? 新しい分野に羽を広げるなんてことができるかしら?」と呟くと、

「Why NOT?」といつも言われていました。「なんで?(できるんじゃない?)」ということ。

オンラインで2年間。早ければすぐにでも独り立ちできるよと。

 

もちろん、まだその一歩も進んでいませんが、50歳を過ぎても「夢を見る」「新しいことに挑戦する」勇気を彼女からもらいました。

そうか、諦めなくてもいいんだ。

まだまだ、人生ワクワクしてもいいんだ。

 

まだまだ!【小梅】

小梅 Koume についてhttp://lifeiskiss.comUSA life 8y アメリカ在住/Teach Papercrafting 14y, ペーパークラフト講師/Tama Art College, 多摩芸術学園卒業/ Art Agancy, 広告デザイナー/ SDU Instractor, SDU取得/CTMH Consultant 7y, コンサルタント/Teach Japanese 2y, 日本語教師

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください